家庭用脱毛器とサロンでの脱毛…効果・肌トラブルについて

多くの女性がVラインのむだ毛処理をカミソリで行っていると思います。

 

ただ、カミソリを使うと剃り跡がチクチクしたり、かぶれたり、段々色素沈着してきたりと、肌トラブルが絶えないという人も多いはずです。このような肌の種々のトラブルを避けるためには、可能であれば脱毛エステで施術を受けるのが一番良いのですが、それもまたなかなか勇気がでないという女性も多いでしょう。そんな女性にとって魅力的に見えるのが家庭用脱毛器です。家庭用脱毛器と脱毛エステではどこがどう違うのでしょうか?

 

家庭用脱毛器で脱毛するメリット

まず、家庭用脱毛器でVラインを脱毛するメリットについて見てみましょう。

  • 自宅で自分で処理できる
  • カミソリに比べて肌への負担が少ない

 

できれば脱毛エステで施術したいと思う女性が、なぜ家庭用脱毛器を選ぶのか。
それは、やはりVラインというデリケートな部分を見られてしまう事への恥ずかしさが一番にあるのではないでしょうか?その点で、家庭用脱毛器は自分で自宅で処理できるので魅力的に思う女性が多いはず…。そして、肌への負担や色素沈着などの心配という点でもカミソリを使うよりも家庭用脱毛器の方がより負担は少ないと言えるでしょう。

 

ただし、Vラインなどのデリケートな部分に使用できる家庭用脱毛器は、家庭用脱毛器市場全体からするとかなり少ないと言えます。家庭用脱毛器自体は、家電量販店や通信販売などで気軽に購入できますが、VIOなどといったデリーケートラインにも使用できるものとなると数も少ないですし、Vラインは脱毛できてもIOラインへの使用は推奨しないとしているメーカーがほとんどです。

 

それだけ、デリケートラインの脱毛には注意を払う必要があるという事です。

 

プロによる施術で安心の脱毛エステ

家庭用脱毛器でVラインを処理する場合には、火傷などをはじめとした肌トラブルが起こらないように細心の注意を払って行うようにしましょう。特に光脱毛ができる機器では、黒い色素に反応する性質から色素沈着がひどい部分に光を照射すると火傷を起こす可能性が高まります。どの程度も色素沈着までなら使用できるかなどについては、素人判断ではなかなか難しいため、特に色素沈着している人は脱毛エステに行く方が良いと言えます。

 

いずれにしても、家庭用脱毛器は恥ずかしさという点ではメリットはありますが、肌トラブルなどといったデメリットもあります。そのため、できる事ならばプロの判断で施術してもらえる脱毛エステに通う方が賢明と言えるでしょう。

 

脱毛エステでの施術の場合には紙パンツが着用できるサロンなどもあり、想像しているよりも恥ずかしくない場合がほとんどです。それに施術してくれるスタッフはプロなので、必要以上に恥ずかしがる事はありません。それよりも、自分で処理して肌を傷つけてしまったりする方がよほど心配です。脱毛エステの場合は、きちんとした肌ケアをしながらトラブルのないように施術をしてもらえますので、脱毛後の肌をキレイに保つ事もできます。それに、それぞれの毛周期に併せて効率的かつ効果的な脱毛スケージュルを組んでもらえるので、肌に無駄な負担をかけることなく、キレイに脱毛する事ができます。

 

 

 

ビキニラインの面倒な自己処理…いつまで続けますか?

⇒ Vライン脱毛でキレイ☆なデリケートゾーンに