Vライン脱毛の自己処理…メリットとデメリットについて教えて!

Vラインの自己処理の方法として多いのが、ワックスやカミソリを使用する方法だと言われています。

 

特に多いのがカミソリを使って処理を行う人ではないでしょうか?ワックスは一度に広範囲が除毛できてとても便利ですが、Vラインの皮膚はとてもデリケートなので、こうした部位に薬品を使う事に抵抗を感じる人も多いようです。そのため、やはりカミソリでの処理を選ぶ人が多くなると言えます。ここでは、カミソリを使用してVラインの自己処理を行った場合のメリットとデメリットについてまとめてみました。

 

Vラインを自己処理するメリット

カミソリでVラインを自己処理する際のメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

  • いつでも手軽に使用できる
  • 誰にも知られること無くこっそりと処理できる
  • 脱毛エステに通ったり、脱毛器を購入するほど費用がかからない
  • すぐに手に入る

 

このように、カミソリを使用するメリットはたくさんあります。Vラインのむだ毛処理は、可能な限りこっそり処理したいものですね。その点では、カミソリは自宅で1人でこっそりサッと処理できます。また、カミソリ自体がドラッグストアやスーパー、コンビニなど様々な場所で購入できるというのもメリットの1つでしょう。さらに、価格も脱毛エステや脱毛器を使用するのと比較すれば、1度に支払う金額は安いと言えます。大体、カミソリ1本辺りが安くて100円以内のものから高くても1000円台で購入できます。ソープ付きや2枚刃、3枚刃などといった機能性重視の商品でも、2回目以降は替え刃が利用できるものがほとんどですので、1回目よりは安い費用で済ませる事ができます。

 

ただし、カミソリでの自己処理には、肌トラブルなどのデメリットもたくさんあります。そのため、次で紹介するデメリットに付いてよく理解して、正しい方法で処理する事も大切です。

 

カミソリで自己処理するデメリット

Vラインをカミソリで自己処理する際にのデメリットとしては、次のような点が挙げられます。

  • 色素沈着
  • 剃り跡がチクチクする
  • 炎症などが引き起こす肌へのトラブル
  • 傷付けてしまうと、雑菌などに感染する可能性がある
  • 処理後の毛先が尖っていてショーツから突き出る

 

このように、Vラインをカミソリで自己処理する場合にはデメリットもたくさんあります。

 

中でも、特に注意が必要なのは、カミソリによる傷です。カミソリで剃ると気づかないうちに細かな傷ができている事もあります。そうしてできた傷に雑菌が入り込むと感染症などにかかる危険性も出てきます。Vラインは、自分で確認しながら処理しているつもりでも見えにくい部分などもありますので、鏡などを使うなどしてよく注意しながら丁寧に処理する事が大切です。

 

 

また、カミソリによる肌トラブルというのも気をつけなければなりませんね。

 

Vラインの肌トラブルとしては、色素沈着、炎症、かゆみなどが挙げられます。特に色素沈着は一度黒ずんでしまうと、なかなか元に戻りません。こうなると、見た目の問題だけでなく、もしも後々に脱毛エステに行こうと考えた場合に、あまりに色素沈着がひどいと施術ができない場合も出てきます。そのため、肌が乾燥した状態で何度も摩擦したり、むだ毛の逆剃りを繰り返したりしないよう注意が必要です。
さらに、カミソリでVラインのむだ毛を処理すると、しばらくして少し毛が生えてきた頃にチクチクしたかゆみが出てくる事があります。これは、剃った毛先が尖っている事によるものです。この先端が尖った毛は皮膚を刺激するだけでなく、下着から突き出たりして見た目にもあまり良いとは言えなくなります。

 

 

 

ビキニラインの面倒な自己処理…いつまで続けますか?

⇒ Vライン脱毛でキレイ☆なデリケートゾーンに