Vラインの脱毛は危険?…デリケートだからこそ肌トラブルには慎重に

脱毛エステでのVライン脱毛に興味があるけれども、いざサロンに足を運ぶとなると躊躇してしまうという女性も多いのではないでしょうか?

 

その理由としては、脱毛の痛みに対する不安や施術の際の恥ずかしさ、効果への不安などが挙げられるでしょう。特にVラインはデリケートな部分なので、施術に対する不安は大きいでしょう。万全の体制で施術を行う脱毛エステでも、稀に様々なトラブルが発生する場合もあります。ここでは、こうした脱毛エステで起こりうるトラブルについてよく理解して、万が一トラブルが起きた場合にどうすればよいのかという点について学んでおきたいと思います。

 

施術による肌トラブル

脱毛エステで起こりうるトラブルとして一番大きいのが、肌トラブルです。

 

もちろん、ほとんどの脱毛エステが入念な肌ケアや肌チェックを行った上で施術を行いますので、肌トラブルが起こる事は稀とされています。ただ、個人の肌状態や予期せぬ理由によって炎症や肌荒れなどのトラブルが起こる事もあります。脱毛の施術は、実際に受けてみるまで自分の肌がどのような反応を起こすか分からないというのが正直なところですので、これは仕方のない事と言えます。

 

Vライン脱毛の場合に起こりやすいトラブルとしては、自己処理などによって色素沈着している部分に光を照射した時に軽度の火傷が起こる事があります。もちろん、エステティシャンの目で見て明らかに照射しては危険と判断されるほどの色素沈着の場合は、施術を断られます。ただ、そこまでひどくない色素沈着の場合でも、肌の状態によっては軽い火傷になってしまう事もあるという事です。

 

トラブルを回避するために

ではこうしたトラブルをできるだけ回避するためには、どうすれば良いのでしょうか?

 

まずは、施術を受ける前にパッチテストを受ける事が大切です。パッチテストは、ほとんどの脱毛エステで無料カウンセリングの際に受ける事ができます。また、サロンによっては無料カウンセリングの時に簡易的な脱毛体験ができるところもありますので、こうしたサービスを上手く利用しましょう。

 

また、こうした予防策と同時に施術の契約をする前に必ず確認して起きたい事があります。

 

それは、契約しようとしている脱毛エステが、ドクターサポートが受けられるサロンかどうかという事です。ドクターサポートとは、医療機関と提携していて万が一何かしらのトラブルが起きた場合に、すぐに提携医療機関で治療を受ける事ができるシステムの事です。こうしたケアサポート体制が万全なサロンであれば、施術自体も丁寧に行ってくれるはずですので、安心して任せる事ができます。特にVラインはデリケートな部分なので、何か問題が起きると他の部位以上にダメージが大きいと考えられます。そのため、こうしたサポート体制がきちんとしている脱毛エステを選ぶという事が大切となってきます。

 

 

 

ビキニラインの面倒な自己処理…いつまで続けますか?

⇒ Vライン脱毛でキレイ☆なデリケートゾーンに