黒ずみがあると脱毛できない?色素沈着の原因と対策について

VIOラインに関する悩みとして挙げられるのは、むだ毛の問題だけではありません。VIOラインのむだ毛問題と同じくらい悩んでいる女性が多いのが、黒ずみの問題です。VIOラインの皮膚は柔らかく摩擦に弱い場合が多いものです。それに、下着などの摩擦で常に刺激を受けている場所でもあります。そのため、知らず知らずのうちに色素沈着が起きてしまっている場合があります。ここでは、こうしたVIOラインの色素沈着の原因と対策について詳しく見て行きたいと思います。

 

色素沈着の原因

VIOラインの色素沈着の原因としては以下のような点が挙げられます。

  • 下着による摩擦
  • カミソリによる摩擦
  • 毛抜きによる刺激
  • トイレットペーパーでの拭き取り
  • ムレ

 

色素沈着の理由としては、先に挙げたように様々なものが考えられます。

 

特に、下着や無むだ毛の自己処理によって肌を刺激し続ける事は、色素沈着を招く大きな要因となります。きつめの下着を着けていると、常にその部分が締め付けられ、摩擦を受けている状態になりますので色素沈着がひどくなる事もあります。

 

また、カミソリでのむだ毛処理では、毛を剃る際に皮膚を摩擦する事のほかに、気がつかないうちに細かな傷を作ってしまっている場合があり、こうした事を繰り返すうちに徐々に皮膚が黒ずんでいくと言ったことも考えられます。色素沈着がひどくなると、脱毛エステでの光脱毛の施術を受ける事ができない場合も出てきます。

 

こうならないためにも、日頃からできるだけ、肌を摩擦しないように心がける事が大切です。

 

色素沈着の対策

では、色素沈着を起こさないための対策はどのようにすればよいのでしょうか?正直なところ、一度色素沈着を起こしてしまった肌を元通りの状態に戻すというのはとても大変です。もしも、万が一色素沈着してしまった場合の対策についても簡単に紹介しておきましょう。

  • ビタミンCを積極的に摂取する
  • 色素沈着対応のクリームなどを塗る
  • 医療レーザーで治療する

 

色素沈着してしまった場合にはこのような方法で治療をしていくしかありません。医療レーザーは人によっては効果がある場合もあるようですが、上記の2点に関してはかなり長い時間をかけて行う必要があり根気も必要となります。
このような事にならないためにも、できるならば色素沈着しないように予防策を嵩じる方がよいでしょう。

 

普段からできることといえば、極端にきつい下着を身につけないようにする、自己処理の際に力を入れ過ぎない、自己処理の頻度を見直す、清潔な状態を保てるように気をつけるなどが挙げられるでしょう。ただ、色素沈着の大きな要因とされる自己処理から解放されるというのが、色素沈着を予防する1番の方法と言えます。

 

そのため、自己処理によって色素沈着がひどくなる前に脱毛エステでむだ毛の処理をしてしまうのが1番よいと言えるでしょう。

 

 

 

 

 

ビキニラインの面倒な自己処理…いつまで続けますか?

⇒ Vライン脱毛でキレイ☆なデリケートゾーンに