Vライン脱毛のデザイン…アンダーヘアの形もいろいろ

海外などでVラインの脱毛というと完全に無毛にしてしまう人も多くいるようです。

 

でも、日本では無毛にする事に抵抗を感じる女性も多いため、ほとんどの脱毛エステが多少毛を残した状態にする施術が可能となっています。ここでは重要となるのが、Vラインの施術範囲、つまり毛をどのくらい残すかを施術の前にきちんと決めておく事です。

 

安易に無毛にしてみたり、極端に一気に毛量を減らしてしまうと、後々後悔する事になるなどと言った事になる可能性もあります。そのため、Vラインの毛量をどこまで減らすかについては、脱毛エステのスタッフに相談してきちんと決めておく事が重要です。

 

Vラインをデザインするという事

Vラインの脱毛では、事前に毛量を決めておく事が大切とお話しましたが、最近ではこのVラインを様々な形にデザインする人が増えています。そして、脱毛エステでも様々な種類のデザインでの施術が可能となっています。脱毛エステで施術可能なVラインのデザインの種類を紹介してみましょう。

  • 逆三角形
  • タマゴ型
  • 長方形
  • 細めの長方形
  • ハート型
  • 星型

脱毛エステでは、おおよそこのような形にデザインしながら施術をしてもらう事ができます。

 

無難なのは、タマゴ型と逆三角形

たくさんあるデザインの中で一番オーソドックスで、選ぶ人が多いのがタマゴ型もしくは逆三角形です。このデザインでは、ショーツからはみ出た毛を処理する程度なので、いきなり大量に毛を処理する事はありません。そのため、Vライン脱毛が初めての人にはこの形を選ぶ事をおすすめします。

 

ただ、逆三角形の場合、三角形の先端部分が丁度Iラインの毛を重なるような形になります。そのため、Iラインのむだ毛が多い人の場合は、併せてIラインの脱毛もした方がより見た目がよくなると言えます。

 

海外で人気が高い長方形

長方形は、海外で人気の高いデザインです。長方形というとなかなかイメージがわかないかもしれませんが、簡単に言うとアンダーヘアーを縦長にIの形に処理するという事です。長方形の面積はそれぞれ好みで選択できます。ただ、これもよく考えて広さを決めないと後悔する事になります。なぜかというと、太めの長方形にすると見た感じ、海苔のように見える事が多いからです。

 

逆に極端に細くしすぎると、いかにも処理しました!と言う感じになるので、長方形のアンダーヘアを見慣れない日本人にとっては違和感があるようです。そのため、海外でも多くの場合、5p程度か、指1本分の太さの長方形を選択する人が多いようです。

 

個性派にはハート型、星型

ハート型、星型と聞いて、ちょっと驚いた人もいるでしょう。個性派でアンダーヘアもオシャレに決めたいという人なら、ハート型や星型も良いでしょう。ただ、このデザインはやはり特殊なので脱毛エステによっては、施術が難しい場合もあります。そのため、こうした少し奇抜なデザインを希望する場合には、この形にしてもらえるかどうかを事前に確認しておく必要があります。

 

それから、脱毛エステで施術をすると処理した毛はもう生えてきませんので、後々後悔する事がないようによく考えてからデザインを決める事が大切です。

 

 

 

ビキニラインの面倒な自己処理…いつまで続けますか?

⇒ Vライン脱毛でキレイ☆なデリケートゾーンに