Vライン脱毛 毛の残し方・事前処理

Vライン脱毛の場合は殆どのサロンで、正面から見たアンダーヘアの
形をどのようにデザインするかを考えながら施術していく
ことになります。
(※ お試しコースなどの場合は「両サイドのみ」などと箇所が限定されている場合があります)

なので、あらかじめ毎回の脱毛前に脱毛して無くしてしまいたい箇所を自己処理する必要があります。

 

この自己処理の方法に関しては、残したい毛の形によっても異なってきますのでその都度、施術を行いながら脱毛士さんに相談にのってもらいます。基本的には脱毛したい箇所だけを剃るイメージです。無毛(パイパン)にする場合は、もちろん全部剃る必要があります。

 

 

施術が始まると約2ヶ月おきに5〜6回ほど通う事になりその都度、多少の自己処理は必要になってきます。カミソリでも問題はないですが、皮膚へのダメージを考えれば顔などへ利用できるシェバーなどがオススメですよ^^

 

Vライン脱毛が期間・回数無制限で何度でも脱毛OK!なのはココ


 

 

【元々のVラインの状態】:剛毛で毛量が多く▼の面積が大きい  ※ ▼はヘアの形です
【脱毛後の希望の形】:2周りほど▼を小さくして毛量を少なく自然な感じに♪

 

元々、毛量が多くて剛毛でしたので初めの2回位は施術前に自分でカミソリで全部剃ってから光をあてるという流れでした。そして、徐々に薄くなりだした時から希望の▼の形に揃えていきました。
私の場合は元々より2周りほど小さくデザインをしたのですが、脱毛士さん曰く、全部無くしてしまう方や指2本分位を残す方が多いそうです。ちなみに担当してくれた脱毛士さんはといと…「ツルツルですよ」と、おっしゃってました(*´∀`)